よくあるご質問

よくあるご質問アイコン
生前贈与に関する
よくあるご質問

贈与契約を締結すれば、贈与の効果は生じます。なお、贈与契約は、単に「あげる」という意思だけでは足りず、「もらう」という相手方の意思の双方が揃うことが必要です。

Category: 贈与

Comment on this FAQ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Load More

登録免許税として、対象となる不動産の固定資産評価額の2%の税金がかかります。司法書士に依頼した場合は、別途、司法書士報酬がかかります。

Category: 贈与

Comment on this FAQ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Load More

  • 贈与をする人:贈与契約書、不動産の登記識別情報通知(または登記済権利証)、印鑑証明書(発行後3か月以内)、固定資産評価証明書、実印など
  • 贈与を受ける人:住民票、認印など
Category: 贈与

Comment on this FAQ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Load More

  • 贈与をする人:贈与契約書、不動産の登記識別情報通知(または登記済権利証)、印鑑証明書(発行後3か月以内)、固定資産評価証明書、実印など
  • 贈与を受ける人:住民票、認印など
Category: 贈与

Comment on this FAQ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Load More

贈与による所有権移転登記に必要となる登録免許税(対象となる不動産の固定資産評価額の2%)のほか、贈与税、不動産取得税などがかかる場合があります。

Category: 贈与

Comment on this FAQ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Load More

自分ですることはできますが、不動産の生前贈与は税金面の検討が欠かせません。自分でやったものの、後で想定外の税金が発生したという話も耳にしますので、税理士などの専門家にご相談されることをお勧めします。

Category: 贈与

Comment on this FAQ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Load More

よくあるご質問一覧に戻る