よくあるご質問

よくあるご質問アイコン
離婚に関する
よくあるご質問

財産分与とは、離婚の際に、夫婦が婚姻中に築いた財産を分けることです。例えば、自宅を所有している場合、自宅の所有権について夫婦どちらの名義にするかを決めることができます。その場合、財産分与を原因とした所有権移転登記を行います。

Category: 離婚

Comment on this FAQ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Load More

財産分与について夫婦間で協議がまとまらない場合などには、家庭裁判所に協議に代わる処分を請求することができますが、この請求は、離婚の時から2年以内にする必要があります。

Category: 離婚

Comment on this FAQ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Load More

対象となる不動産の固定資産評価額の2%です。

Category: 離婚

Comment on this FAQ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Load More

通常、登記を申請した日から1週間から2週間程度で登記完了となります(各法務局のホームページに登記完了予定日が掲載されています)。

Category: 離婚

Comment on this FAQ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Load More

登録免許税として、対象となる不動産の固定資産税評価額の2%の税金がかかります。司法書士に依頼した場合は、別途、司法書士報酬がかかります。

Category: 離婚

Comment on this FAQ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Load More

財産分与をする人:離婚の記載のある戸籍謄本、不動産の登記識別情報通知(または登記済権利証)、印鑑証明書(発行後3か月以内)、固定資産評価証明書、実印など
財産分与を受ける人:住民票、認印など

Category: 離婚

Comment on this FAQ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Load More

財産分与をする人:離婚の記載のある戸籍謄本、不動産の登記識別情報通知(または登記済権利証)、印鑑証明書(発行後3か月以内)、固定資産評価証明書、実印など
財産分与を受ける人:住民票、認印など

Category: 離婚

Comment on this FAQ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Load More

財産分与による所有権移転登記は、離婚によって住所や氏名の変更を伴うことも多く、住所変更登記や氏名変更登記など複数の登記申請が必要になるケースもあります。また、住宅ローンを組んでいて返済中の場合は、抵当権の登記について金融機関と事前の調整が必要となることもありますので、登記の専門知識を有する司法書士にご依頼いただく方がよいでしょう。

Category: 離婚

Comment on this FAQ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Load More

相続が発生すると、相続税の申告、不動産の相続登記、銀行預金の解約など様々な手続きが必要となります。

まずは私どもにご相談いただけましたら、状況に応じて適切な専門家と連携して、スムーズに相続手続きを完了することができます。

Category: 離婚

Comment on this FAQ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Load More

よくあるご質問一覧に戻る