代表司法書士

森本 敬介

お客様の要望にコミットできた時に、
とてもやりがいを感じます。

CHAPTER 01

関わる人達
皆さまのために

 梅田中央司法書士法人の森本です。
 数ある士業の中でも司法書士ができる業務範囲はすごく限られた範囲だと思います。ただ、逆に限られているからこそ我々は1つ1つの業務(不動産登記・会社、法人登記・後見業務等)をより深く突き詰めることができ、突き詰めたこと(知識や経験)を関わる人達皆さまにご提供する事で、「価値のあるサービス」をご提供できるのだと思っています。

 私は士業といえどもサービス業の一種だと考えており、学んだ事や経験により得た知識を内にとどめるのではなく、出来るだけ多くのお客様にご提供して始めて社会の役に立てるのだと確信しています。それを実行するには、1人でも多くの個人のお客様や会社・法人の代表者様や担当者様に出会う機会が作れるかということがとても重要であり、その機会があった時にどう接させてもらい、どのような印象を持っていただけるかで、その後、当法人がサービスの提供をさせていただけるかどうかが決まってくると思っています。

 だからこそ初見を非常に大切にし、その人との出会いが仕事であっても私生活であっても分け隔てなく関わる人達皆さまには「出会って良かった」と思っていただけるよう司法書士としての業務は当然として、人間性も高めていくことに日々努めています。

CHAPTER 02

法人化の理由

 今年(2021年)、私の個人事務所であった梅田中央司法書士事務所を法人化した理由は、個では対応できない業務にも対応できるようにするという理由や支店を設置することで、より多くのお客様にお会いすることできる可能性を広げるという理由もありますが、
最大の理由は私という個に何かが起きた時に、継続中の業務が中断してお客様にご迷惑をお掛けするといったことをなくし「持続可能な業務の提供」をできるようにするためです。

CHAPTER 03

今できることを

 私自身、まだまだ未熟ですが、今できることを最大限に積み重ねることで最高・最良のサービスを関わった人達皆さまにご提供できるよう日々努めています。

東京司法書士会所属 登録番号 東京第8568号
森本 敬介(もりもと けいすけ)

無料相談はこちら

TOP
TOP